理学療法士になるなら適切な学校に通う必要があります

理学療法士の学びを深めるなら学校で勉強を継続しよう

似ているお仕事

将来、医療の分野で働きたいなら理学療法士を検討する方も多いでしょう。また、作業療法士について考えている方もいらっしゃると思います。これらの違いがよく分かっていないという方は、こちらで二つの違いについて進学前に確認しておきましょう。

理学療法士と作業療法士の違い

理学療法士の特徴

最低限の身体の動きを取り戻すためのサポートを行うのが、理学療法士のお仕事となります。具体的には寝ている状態から身体を起こすような動作、座った状態を維持できるような機能など、日常生活を送るうえで必要不可欠となる機能の改善を手助けするのです。

作業療法士の特徴

身体を動かす上でも応用となる動きをサポートしたり、社会生活を営むための機能を回復させる援助を行う仕事となります。例えば実際に社会生活で行うような動作をしつつ、機能の改善を図っていくこととなるでしょう。障害者福祉施設などでも働くことができます。

理学療法士になるなら適切な学校に通う必要があります

施術

どんな学校に通うべき?

理学療法士になるには国家資格が必要となります。そして受験をするためにも、それに応じた学校に通う必要が出てくるのです。受験資格を得るためには4年制の大学に通う、短期大学に通う、専門学校に通う、そして特別支援学校に通うことが求められます。

男女

学びを深めたい方には

国家資格を取得したとしても、将来の目標に応じては更なる学びを深めたいと考える方もいるでしょう。そのような時には大学院で勉強することを検討する方もいらっしゃるようです。医療分野でも研究に携わりたい方は、大学院への進学がオススメです。

女の人

作業療法士の資格を持っているなら

理学療法士と似ている職種として作業療法士を挙げることができます。中には作業療法士の資格を取得している方もいるでしょう。その場合には養成学校で最低2年の教育を受けることで、理学療法士の国家資格を受けることができるようになりますよ。

理学療法士になるには?まとめ

これから理学療法士になりたいと考えている場合、資格や免許を取得するための具体的な方法を確認しておくべきです。高度な知識を得たいならば、大学院への進学も視野に入れておくと良いでしょう。

広告募集中