更年期の悩み

更年期障害かなと思ったら

更年期障害とは、50歳前後の閉経にあたり女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起きる症状です。 まったくならない女性もいますが、 多くの女性は体調の変化を感じることがあります。 手足の冷えや、めまいやほりなど体の不調や眠れなくなったり、 イライラしたり気分が滅入ったり精神的な不調もあります。 プレ更年期といって、40代になるとこのような症状の前兆が出てきて 本格的な更年期に突入します。 更年期障害になるとホルモンバランスが崩れ酷くなると仕事や家庭など、 生活に大きな影響を及ぼします。 そうなってからでは大変なので、40代になったら 自分の体の変化を感じたら早めに婦人科へ行って相談し、 治療することをお勧めします。

更年期治療の種類と対策

更年期障害の治療は、減少してきたエストロゲンを補充する ホルモン治療があります。 飲み薬や貼り薬などでエストロゲンを補充します。 プラセンタを注射したり、漢方を飲んだりといった方法もあります。 また、更年期障害はストレスも大きく関係してくるので 日頃からストレスのない生活をすることも重要です。 栄養バランスのある食事に、睡眠と運動など まずは体を健康に保ちながら趣味など好きなことをして 楽しむとよいでしょう。 気持ちが滅入ってしまったり、情緒不安定になると うつ病かもしれないと思うことがあります。 更年期障害かうつ病かの判断は非常に難しいため 自分で判断しないで、まず婦人科へ行ってみましょう。 更年期障害ならば治療することによって、更年期を快適に過ごすことが出来ます。