記憶の傷害

脳は非常に多くの仕事をこなしています。

体を動かす、ものを考え理解し行動する、話す、見る、聞く、呼吸するなど生きていくうえで重要な役割を果たしています。 しかし加齢や生活環境などによって脳が萎縮してしまい、様々な症状を発症することがあります。 脳が萎縮してしまう代表的な疾患が「アルツハイマー」と言われる疾患です。 アルツハイマーは記憶障害があらわれるのが一般的で、その他にも徘徊や幻覚や妄想、抗うつなどの症状があらわれることもあります。 アルツハイマーには若年性と老年性があり、18歳から64歳までに発症した場合が若年性、65歳以上に発症した場合は老年性と分類されます。 それでは若年性と老年性ではどのような症状がおき、どのような治療を行うのか見ていきます。

始めに若年性アルツハイマーについて見ていきます。

若年性アルツハイマーを発症する患者は近年増加しており、未だに完全に原因は解明されていませんが遺伝や生活習慣が大きく影響していると言われています。したがって親族にアルツハイマーを発症している人がいる場合は注意が必要です。 老年性アルツハイマーを発症する原因は、加齢とともに脳が萎縮することによる脳機能障害とされています。 若年性アルツハイマーと老年性アルツハイマーの治療は共通しており、アリセプトという薬を使用する薬物治療が一般的な治療法です。 そのほかにはトランプやオセロ、計算などの知的機能を高める方法や運動療法、音楽や芸術を楽しむ、昔の話や昔していたことを行うなどの方法を治療に取り入れる方法も効果的です。